CHARDONNAY HOME 福井南

[敦賀市ショールーム]

〒914-0802
福井県敦賀市呉竹町2丁目5‐18
TEL.0770‐37‐5800
FAX.0770-37-1950

 

 

1.シャルドネホーム 新築住宅
2.シャルドネホーム リフォーム
3.シャルドネオリジナル キッチン
4.シャルドネオリジナル 家具
5.トータルコーディネート

 


1
4
2
3
9
7

健康被害を与える家

住む人が健康になる家とは?

化学物質のかたまりである複合フローリングのせいで増えている、化学物質過敏症。もし、お子さんに発症したら…

<住む人に健康被害を与える家>

日本は世界有数のアレルギー大国です。
しかも続々とアレルギーを持っている人は増え続けています。

その原因は“家族が安心して住めるように建てた家にある”と言ったら驚きますか?

今お住まいの家を思い浮かべてみてください。

壁はビニールクロスで囲まれ、床は複合フローリングでツルツルピカピカ。
実はビニールクロスや複合フローリングは化学物質のかたまりです。

新築の時にする「ツンとしたいやな臭い」。これはビニールクロスを貼るときに使っている接着剤から揮発しているホルムアルデヒドやビニールに含まれる可塑剤の臭いです。
複合フローリングと言われている一般的なフローリングは木の模様をしていますが、ベニアを接着剤で張りあわせ、表面には木目のプリントをしたものを貼りつけたり、爪にマニキュアを塗るように石油系の塗料を塗ったりしたものがほとんどです。
このような化学物質が大量に使われた部屋で毎日過ごせば、どれだけ健康な方でも化学物質を大量に吸い込んでしまいます。その化学物質が原因で日本では化学物質過敏症という症状が増え続けているのです。

化学物質過敏症とは過度な化学物質を体内に蓄積してしまい、少量の化学物質を吸い込むだけで風邪のような頭痛、喉の痛み、だるさ、息苦しさ、咳、全身の関節の痛み、めまい、ふらつき、頭がボンヤリする等の症状がおきます。

一度発症してしまうと完全に治す方法は無く、化学物質を極力避けるといった対処法しかありません。
新建材で出来た家では化学物質を避けたくても部屋中から化学物質が揮発しています。

「自分は大丈夫」と思っていても、もしお子さんに発症したら...
せっかくの家族団らんの場としての家が台なしになってしまいます。

 

<快適に過ごすための家なのに...>

部屋干しをすると洗濯物がくさい
部屋の中の空気が淀んでいる
床に触れるととても冷たい
夏はベタベタと床に足がくっつく

壁一面に貼られているビニールクロスには調湿性能がありません。
なので、部屋の空気は換気扇や窓を開けたりして入れ替えるしかないのです。
壁が調湿しないため、部屋には嫌な臭いが充満して、洗濯物を干しても生乾きのような変な臭いがついてしまいます。

複合フローリング材も木に見せかけただけの素材なので調湿をしません。
爪に塗ったマニキュアのように表面がコーティングされているので、冬は足をつけるだけで冷たく、夏は湿気でベタベタと不快な思いをします。

また、何年も経つとビニール傘がバリバリになるようにビニールクロスもバリバリになってしまいます。
接着剤も張りあわせた一部が剥がれてきてより一層ボロボロになっていきます。
修繕するためには部屋のビニールクロスを全部張り替えるしかありません。

複合フローリングは一度傷をつけてしまうと中のベニヤ部分が見えたりします。
一度傷をつけた複合フローリングの床も張り替えるしかありません。

ヨーロッパやアメリカ等の海外では古い家でも年とともに味わいが増していくのに、
何故日本の家は年とともにボロボロになっていくのでしょうか?